亀スパート

カメラ / 写真 / 飛行機 / マイレージ / ガジェット あたりをつぶやきます

ストロボ Nikon SB-400はマニュアル設定できることを桜のおかげで知りました

桜もスカイツリーの明るさには負ける

 

東京スカイツリーの写真を撮ったときの話。

blog.kamespurt.com

 

スカイツリーの近くまで行ったので、せっかくだからとスカイツリーを撮っていた。場所を移動してそろそろ帰ろうかというときに、ちょうど満開の桜に出くわした。

f:id:kamespurt:20180405235124j:plain

 

インスタ映えランキング上位間違いない桜とスカイツリーの両方が目の前に!

これは組み合わせて撮るしかない!とひとり盛り上がり、スカイツリーをバックに撮ってみた。花にカメラを近づけてみたり、しゃがんでみたり。結構たくさん撮った。

 

f:id:kamespurt:20180405235247j:plain

だがしかし強い。強すぎるよスカイツリー。

桜がまったくパッとしないじゃないか。

なんといっても暗い。桜が暗くてしょうがない。スカイツリーよおまえは明るすぎる。

 

イマイチな写真を量産し、家に着いてから気がついたんだけど、こんなときはフラッシュを使えば近くのものを明るくできるのだった。D5500にもストロボ付いてるのに、すっかり存在を忘れていた。撮っているときには思い出さないのはなんでだろう。

さらに、外付けのストロボを持っていることを思い出した。

f:id:kamespurt:20180406001739j:plain

SB-400とD5500

 

D40のお供に室内撮り専用になっていた。これがあったらもっと桜も明るくてインスタ映えする写真が撮れたのに!と悔しがった。もう桜は散った。

 

桜は散ってしまっているし、他に撮るものもみあたらないし、SB-400についてググって気がついた。SB-400はマニュアル設定できると。

f:id:kamespurt:20180406002920j:plain

SB-400 操作系

 

筐体はこんなに小さくて、操作系もOn/Offボタンとロックボタンのみ。とてもシンプルだから、マニュアル設定があるんじゃないかとも思わなかった。

そういえば、これ、ビックカメラで店員さんに勧められるがままに買ってからろくに説明書も読まずに、部屋の中でのバウンス撮影のみで使ってた。それも十分に活躍してたから、不満もなかったのだった。

実はもっとできるやつだった。ごめん、SB-400。マニュアルはちゃんと目を通そうと堅く心に誓った。 

 

 設定方法

MENUから「カスタムメニュー」ー「e フラッシュ・BKT撮影」ー「e1 外付けフラッシュ発光」ー「マニュアル発行モード」

 

f:id:kamespurt:20180406002528j:plain

 好きな発光量を選択可能

 

TTL機能という全部自動でやってくれる機能にお世話になっていたけど、これでフラッシュの発光量を変えられるようになったので、またこのストロボも使ってみたくなったのであった。

 

おしまい。