亀スパート

カメラ / 写真 / ブログ / DIY / キャンプ などについて考えたことや調べたことをのんびり記録するブログ。

デジイチで機窓から写真や動画を撮る!Nikon D5500編

機窓からみる景色はすばらしい

飛行機によく乗るひとは席にこだわりがあるひとが多い。窓側派か通路派のいずれかだ。真ん中派のひとにはまだ会ったことはない。もしいらっしゃるなら、かなりのどMに違いない(失礼)。通路派は乗り降りのときに通路にアクセスしやすいので、忙しいビジネスマンに多い。窓側派はいうまでもなく、窓からの景色を楽しみたいひとだ。私は窓側派だ。窓からの景色がすばらしく、地図を思い出しながらいまどのあたりを飛んでいるのか想像するもの楽しい。雨の日でも雲を抜ければ必ず快晴の世界が待っていて、その世界の輝く雲と青い空を観るのも大好きだ。そんな景色を観るうちに写真を撮りたくなるのは自然なことだろう。

デジイチを購入したので、今回は思い切って飛行機に持ち込んですこし撮影してみたのでそのレポートだ。

 

https://www.instagram.com/p/BD5HgF2AULk/

風強くてやや遅れ。羽田には南風が吹き込んでます。#jal #haneda #羽田空港

 

 

保安検査と機内持ち込み

空港で必ず通る保安検査は刃物などの危険物の持ち込み禁止の他にもすこし細かいルールがある。ライターはひとつしか持ち込めないし、ペットボトルなどの封印できる飲み物を持ち込む場合は別途チェックが必要だ。ノートPCの場合はカバンから取り出して個別にチェックを受ける必要がある。だが、デジイチは特別な配慮は不要だ。カバンにいれたままでOK。カバンを検査の担当官に預けるだけだ。

機内に持ち込むときは少し配慮が必要だ。機内では撮影するためにカメラを手元においておかないといけないので、カメラを取り出す必要があるのだが、その取り出すタイミングが大事だ。搭乗時は混雑するので、自席の横に着いてから、後ろに並ぶ人を待たせた状態でカバンからカメラを取り出し、荷物棚にカバンをいれて…などとモタモタするのは避けたい。できれば搭乗前に取り出すか、自席の足元におけるサイズのカバンにカメラを入れて、自席に着いてからカメラを取り出すようにしたい。

 

意外と響くシャッター音

飛行機の機内は空調やエンジン音の騒音がいつもしているので、シャッター音はかき消されるかと思ったら大違い。意外とよく響くのだ。席と席が近いのでパシャ!パシャ!と写真を撮りまくるのは気が引けるだろう。またデジイチを構えて撮っているひとは少ない。というか国際線ならまだしも国内線ではほとんどいない。前後左右をスーツ姿のビジネスマンに囲まれた状態でバシャバシャやっても特に気になりませんけど?という方は気にせず撮ってください。うらやましいです。気になる向きに紹介したいのは静音機能だ。デジイチは物理的にシャッターを動かすので、動作音は必ず発生してしまう。このあたりを気にするならミラーレスのほうがあうだろう。小さいし。最近のデジイチは音についても気にしているようで、シャッターの静音機能が付いているものが多いようだ。ここでは Nikon D5500 のシャター静音機能の設定方法を紹介しておく。

設定Menu → 撮影メニュー(カメラアイコン) → レリーズモード 

ここで 静音撮影 を選択すればよい。

レリーズモードは設定Menu ではなく、連続撮影ボタンで一発で呼び出せる。ボディ左側面のこのボタンを押せばよい。

 

f:id:kamespurt:20160409183037j:plain

 

 

いよいよ撮影…のその前に 電波飛ばしてませんか?

離陸体勢、着陸体勢のときは電波を飛ばしてはいけないのはご存知の通り。デジイチをガッツリ構えて写真を撮るのは恥ずかしいからって、無線LAN経由でスマホアプリで操作して撮影しちゃおうかな、なんてほんとにやってはいけません。もっともイチガンを固定するのが難しいので、イチガンとスマホを両方持って撮影というのは無理かな。無線LANを飛ばしていないことだけ確認しよう。

 

望遠レンズはむずかしい

飛行機は基本的に揺れている。手ブレ防止機能で防止できるところもあるだろうが飛行機自体が揺れてしまうので、防止できる範囲が限られそうだ。また飛行機の窓は二重になっており、外窓は傷があったりうっすら汚れがあったり、撮影にはとても厳しい条件だ。それに長いレンズは狭い機内では取り回が厳しい。機内から望遠レンズで撮影するのは難しいと思ったほうがよさそうだ。

 

飛行機を撮りまくれ!

さて、あとは好きなだけ撮ろう!空港に行っただけでは撮れない機内ならではの写真を撮りまくろう。

離陸中の飛行機や…

f:id:kamespurt:20160409185634j:plain

 

駐機中の特別塗装機を…。ポケモンジェットだぜ!

f:id:kamespurt:20160409185721j:plain

 

機内から上空の様子を。

https://www.instagram.com/p/BD6me2VgUEz/

雲と雲の間between clouds#雲 #cloud

 

日が暮れて上下を挟む雲は真っ暗に。でも雲の切れ間には夕暮れの明かりが見える。

https://www.instagram.com/p/BD6m67HgUFn/

雲と雲の間。日が落ちて雲が真っ黒。between clouds#雲 #cloud

 

デジイチで撮った動画が素晴らしかった

デジイチは写真だけじゃなくて、動画もとてもきれいに撮れるのだ。機窓からの景色はすばらしいので、動画で撮ってみた。動画を撮るときに大事なことは、とにかくブレないようにしっかりとカメラを支えることだ。窓側をずっと向いているのは体勢的に厳しいので、バリアングル液晶だと少し楽だ。もうひとつ大事なことは、画面の水平を保つことだ。これはカメラを固定するときにしっかり確認するしかない。今回撮影した動画は見事に斜めに傾いている(笑)

youtu.be

 

見ていただくとわかるが、D5500 の場合、マイクがAFのモーター音を拾ってしまい、途中で「ジジジ ジジジ」というような音が入っている。これは内蔵マイクがレンズに近いという構成上しかたないのだろうが、子どもの発表会などの音声も大事なときは困る。対策としては D5500 は外部マイクを接続できるので、それで対応できるようなので、検討したい。

一方で映像はすばらしい。iPhoneだとこうはきれいに映らない。やっぱりカメラはレンズなんだね。

 

ということで機窓からの撮影について書いてみた。マニアじゃないのでデジイチは大げさにみえて少し恥ずかしさもあったけど、撮ってみるとやっぱり楽しい。カバンの中でデジイチはかさばるけど、また懲りずにチャレンジしてみたい。