亀スパート

カメラ / 写真 / ブログ / DIY / キャンプ などについて考えたことや調べたことをのんびり記録するブログ。

iPhone よりデジタル一眼がすごいとこ ボケ編

デジイチはスマホカメラと比べて何がすごいのか

私は iPhone ユーザーだが、ご存知のとおり iPhone のカメラはとても優秀で、手軽にきれいな写真が撮れるのでとても気に入っている。iPhone のカメラは F2.2 の単焦点レンズでとても明るく、画素数は800万画素(iPhone 5, 5S, 6, 6S)と必要十分。AF も早くて連写もバースト機能ができてから我が家の他のカメラはまったく太刀打ちできない。

こんな優秀なカメラがスマホに付いているのに、あえて大きくて重たいデジタル一眼も持ち歩こうとするのはなぜかといえば、よりよい写真が撮れるから、ということになる。

よい写真てなんだ?と聞かれると深い世界に迷いそうだが、iPhone と比べるとしたらやっぱりボケの効いた写真が撮れるということ。これに違いない。iPhone では色んな写真加工アプリが出ているが、その多くはボケをあとから付けられる機能が付いている。Instagram だとチルトシフトと呼ばれる機能だ。あれが付いているということはつまりボケた写真がみんな好きだということだ。

 

じゃ iPhone と デジイチは実際にどれくらい違うわけ?

Nikon D5500 を使い始めたところなのだが、ボケを意識して撮れるようになってきたので、iPhone と D5500 とでボケ味を比較してみよう。

こんな場面でチャレンジしてみた。ホームセンターの店舗の周りにプランターが展示されていて花が見事に咲いている。

f:id:kamespurt:20160410194959j:plain

きれいな花を撮ってみようかと思うが、お店の前なので周囲は雑然とした感じだ。これだと花がきれいなことは伝えたいのだが、「あ、またジョイフル本田に行ってきたの?」というスナップ写真になってしまう。それでは困るので他を切り捨てるために寄って撮ってみる。ミニマリストが増えているご時世だ、捨てることが大事なのだ。

 

ではもう少し寄って撮ってみよう。

続きを読む

デジイチで機窓から写真や動画を撮る!Nikon D5500編

機窓からみる景色はすばらしい

飛行機によく乗るひとは席にこだわりがあるひとが多い。窓側派か通路派のいずれかだ。真ん中派のひとにはまだ会ったことはない。もしいらっしゃるなら、かなりのどMに違いない(失礼)。通路派は乗り降りのときに通路にアクセスしやすいので、忙しいビジネスマンに多い。窓側派はいうまでもなく、窓からの景色を楽しみたいひとだ。私は窓側派だ。窓からの景色がすばらしく、地図を思い出しながらいまどのあたりを飛んでいるのか想像するもの楽しい。雨の日でも雲を抜ければ必ず快晴の世界が待っていて、その世界の輝く雲と青い空を観るのも大好きだ。そんな景色を観るうちに写真を撮りたくなるのは自然なことだろう。

デジイチを購入したので、今回は思い切って飛行機に持ち込んですこし撮影してみたのでそのレポートだ。

 

https://www.instagram.com/p/BD5HgF2AULk/

風強くてやや遅れ。羽田には南風が吹き込んでます。#jal #haneda #羽田空港

 

続きを読む

使えなくなるSDカードをサポートに問い合わせてみる その3

しばらく使っていると突然使えなくなるSDカードの件。

サポートに問い合わせをすると、症状の確認のために送るように言われ、送ったのが前回までの話。

 

blog.kamespurt.com

 

メールか何かで確認結果が来るものかと待っていたのだが、数日後に箱が送られてきた。

 

https://www.instagram.com/p/BD4Kcm0AUBR/

サポートに出していたSDカードが帰ってきた。カード1枚だけど梱包が厳重。

 

 

サイズとしてはミニサイズのデスクトップPCくらい。結構な大きさの箱に入っていたのは、厳重な梱包材に挟まれた、恐らくは新品のSDカードだ。

SDカードは新品で購入したときと同じ紙パッケージにはいっていた。あわせて購入証明のような書類が入っているので、新品に交換してくれたようだ。

テストの結果などは特になにも書かれていないので、もしかしたら原因はわからないけれども新品に交換してくれたのだろうか。良心的な対応に感謝。

早速あたらしいカードを Nikon D5500 で使ってみると書き込みは早いし、ずーっと連写していても例の書き込みできませんというエラーはでない。今度は相性がよいのか前回が悪かったのかわからないけど、ちゃんと使えるようになったので満足。

Transcend  抜群のコスパのカードだし、不具合があればちゃんと対応してくれたので、きっとそのうち追加で買っちゃうことでしょう。

 

ありがとう!Transcend!

Nikon D5500 のタッチパネルは超便利!フォーカスポイントで使うべし!

ファミリーニコンは便利機能がいっぱい

 Nikon の D3000、D5000 の両シリーズは、ファミリーニコンと呼ばれてパパママをターゲットにしているだけあって、ファミリー向けの便利機能がたくさん搭載されている。

  • とても小さくて軽いこと
    子ども連れだと荷物は多いし子どもを抱っこしないといけなかったりするし、大きくて重たいカメラは厳しいからね。

  • バリアングル液晶で角度をつけた撮影がしやすいこと
    小さい子がハイハイしているのと同じ目線で写真を撮ると面白い絵ができるけど、ファインダーを覗いて撮るのは大変。バリアングル液晶なら液晶を上から見ながら撮れて楽ちん。

  • スマートフォンとWi-Fiで連携できること
    SNS好きにはたまらない。Facebookとか、Twitterとか、ブログとか、旅先であげたくなるもの。おじいちゃん、おばあちゃんにすぐ送れたりして、とにかく共有が楽なのだ。

そんなファミリー向け機能の中でも、タッチパネル機能はその最たるもの。タッチしたところで写真が撮れるのはとても簡単。詳しい機能を知らないママでもタッチするだけだからこれなら使える。子どもに撮った写真を見せると、スマホに慣れているからかすぐにタッチするけど、D5500 なら子どもでもスワイプして写真を観ることができるのだ。やたら見せて見せてと言われちゃうようになる。とにかくタッチパネルは楽ちんなのだ。

実はそのファミリー向けの最たるものと思っていたタッチパネル機能を使うと、フォーカスポイントをあわせるのがとにかく早いということに気がついたのでご紹介したい。

 

タッチFn機能でフォーカスポイントを動かそう

 

その前に、フォーカスポイントの説明を。D5500 はピントをあわせることができるポイント「フォーカスポイント」を39点も持っている。

f:id:kamespurt:20160328225050j:plain

Nikon Webより(D5500 - 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

 

続きを読む

使えなくなるSDカードをサポートに問い合わせてみる その2

使えなくなるSDカードをサポートに問い合わせてみた件の続き。TranscendにWebフォームから問い合わせをして、回答を待っていた。

 

kamespurt.hatenablog.com

 

翌日にはサポートから丁寧なメールが来ていた。なかなかよい感じ。カードの状態を確認するいくつかの質問と一緒に、今後の流れを説明する文面である。

カードの状態の確認とは以下のようなもの。

 

・他のカメラでも同様の症状がでるか

・他のSDXCカードをD5500は使えるか

 

いずれも私の環境では試せない。もう1枚SDXCカードを買ってもいいのだが、確認するためにカードを購入したら、この不調のカードを使わないまま放置してしまいそうだからだ。ひどくめんどくさがりなので、あり得る話である。

ちなみに、他のカメラでも同様の症状がでるか、であるが、Nikon D40で試してみた。SDカードを挿して、D40 の電源を入れると、しっかりフォーマットしろというエラーが表示された。これは再現したか?と思ったものの、よく考えてみたらこのカメラは古い。調べてみたら D40 は SDXC に対応していない。SD か SDHC の16GBまでなのだ。容量もオーバーしているし、規格も違うし、これじゃ何でエラーがでているのかわからない。これはもう混乱させるだけなので、伝えないことにした。

 

さて、SDカードの状態の確認ができたら、サポートのほうに送ってカードを確認してもらえるのだ。これを申し込みするには、これまたいくつか準備が必要だ。

 

・購入したときの領収書、レシートなどをカードと一緒に提出

・ユーザ登録

RMAリクエスト(サポートのリクエストフォームに記入すること)のシートを提出

 

RMAリクエストでは、名前、メールアドレス、製品プロダクトID、連絡先、返送先などを記入すると完了だ。完了したら、印刷してカードに添付してサポートに送ればよい。

送付の前にはカードの中のデータは削除してから送付するつもりだ。

 

ここまでは完了したので、あとは送付してみるだけだ。再現すれば正常品に交換してもらえるようだが、こればかりは確認してみてもらわないとわからない。

主力のカードを預けてしまうが、手持ちの書き込みが遅いカードでも十分に使えるのであった。遅いカードは連写ができなくなってしまう。連写をすると書き込み待ちが発生してすぐにシャッターが下りなくなってしまうのだ。しばらく連写はおあずけして、サポートがどれくらいで返信があるのか、どんな判断をするのか。ちゃんと書き込みできるようになればいいのだけど。

 

Nikon D40 との長い付き合い

Nikon D5500 を新しく買ったのだけども、デジタル一眼はこれで2台目。1台目は Nikon D40 であった。2006年発売でたしか2007年に購入しているので、もうかれこれ10年近い付き合いになっている。D40 も D5500 もエントリー機ではあるけれど、10年も経つとデジモノの進化は凄まじく、隔世の感あり。撮れる写真の違いに驚いている。

 

D40 は高画素化を目指さないで低めの600万画素。この割り切りのおかげなのか、当時としては高感度なカメラだと言われていた。乳幼児を撮るので激しい動きはないし、ふんわりとした雰囲気の写真を撮るには問題ないのだった。

 

f:id:kamespurt:20160324124146j:plain

高感度に強いとはいってもそれは出た当時の話。部屋の中で暗くなるとシャッタースピードゆっくりになる。撮影するときのリズムは、カッシャン カッシャン。とにかくまったり。ブレを減らして明るくとりたくなって、Nikon単焦点50mm を購入してみたのだけど、この単焦点レンズは短くてずんぐりしたサイズなので、小ぶりなD40によく似あって好きなのである。最近はこの50mm単焦点専用になっていた。

 

新しく D5500 を迎えたので、D40 はお役御免になるけど、ボロボロの D40 を売ってもしかたない。どうせジャンク扱いになるのが関の山。それならちょうどカメラに興味を持っている子どもたちのおもちゃにしてしまおうかと考えている。手ブレの写真がたくさん量産されてしまってiPhone のほうが楽だと気がついたら使わなくなってしまうかもしれないけど、それまでもうすこしがんばってもらうつもりだ。

f:id:kamespurt:20160324124046j:plain

 

使えなくなるSDカードをサポートに問い合わせてみる

Transcend の SDカードが D5500 で使えなくなる件で、サポートに問い合わせをしてみた。サポートは電話もあるみたいだけどWebから依頼。

 

jp.transcend-info.com

 

[お問い合わせ画面]

f:id:kamespurt:20160324115411j:plain

 

色々と入力する必要があるが、名前、メールアドレス、電話番号などと製品番号とシリアル番号、それに症状を記入したらフォームは埋まる。送信すると1日くらいでメールをくれるらしい。お返事お待ちしています。

 

ちなみに、SDカードのシリアル番号を調べないといけないが、カードに記載されているので、フォーム入力のときにはカードが必要。

f:id:kamespurt:20160324115930j:plain

 

また、製品番号も必要なのだが、これはカードには記載されていない。私はAmazonで購入したので履歴で追えたけど、店舗で買って包装を捨ててたりするとちょっと困るかもしれない。

 

TranscendAmazon の口コミを読んでみたら、同じエラーを食らった人が結構いることがわかった。交換対応は箱がないとNGとこの方のコメントにはあるが。。もしそうなら私も捨ててしまったので交換できないことになる。

www.amazon.co.jp

 

さて、どんな返信が来るのかな。交換?になるのか、修理?というのはあり得るのか。

もしくは個別の機器には対応しないということもあり得るのか。楽しみに待つことにする。