読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀スパート

カメラ / 写真 / ブログ / DIY / キャンプ などについて考えたことや調べたことをのんびり記録するブログ。

便利ズームは200mmで十分!マリナーズ時代の青木宣親選手で検証

ダブルズームレンズキットの次のステップ

パパやママがデジイチを買うならダブルズームレンズキットがオススメだということは前の投稿で言ったばかり。とにかく最初は撮るのは楽しくても色んなことを覚えないといけないので、高価なレンズを買うよりはまずキットレンズで写真を撮りまくることから始めるのがよいですよ、と書きました。たくさん撮るうちに、自分がよく撮るズームの位置がわかってきます。撮った写真のプロパティで Exif 情報を見ると、意外に偏ります。私の場合は端の18㎜か300㎜、そして50mm~90㎜くらいが多くなります。

 

こうしてカメラに慣れて、自分の撮りたい写真がわかってきたら、次はとうとう便利ズームをオススメします。キットレンズは18-55㎜、55-300㎜の2本のレンズのセットなので、55㎜を境にレンズを交換しないといけなくなります。これが旅行なんかのときには面倒に感じることもあるし、いつも300㎜のすこし大きいレンズを持ち歩くのも不便です。それを解消するために、18-300㎜くらいまでを1本のレンズに詰め込んだレンズが便利ズームと呼ばれていて、たくさん販売されています。やっぱり便利なものがみなさんお好きなんですね。

そして、これがレンズ沼への1歩目ですね。(実はダブルズームレンズキットを購入した時点でもう沼にハマっていますけどね…)

 

 

便利ズームはどこのレンズを選べばよいのか

それは楽しくも難しいテーマです。便利ズームのどれを選べばよいのか。

Nikon D5000系シリーズ(私はD5500です)を使っているひとはまずはNikon純正のレンズをさがしてみることでしょう。NikonのボディにNikonのレンズ。かっこいいですね。

でもすぐに気が付くと思いますが、純正のレンズは高い!気に入ってもなかなか買える値段じゃないんですよね。クルマで言えばレクサスのように気品も高性能もブランド力も備えた存在なんですね。純正のレンズをいつかは買えるようになりたい、、そんな憧れの対象です。

 

憧れのレンズを眺めていても、写真が撮れるわけではないので、コスパのよいものがないのか?と思ったときに、あなたに寄り添うのが、サードパーティ製のレンズメーカーです。Nikon、Canon、Sonyなどのカメラメーカーが製造する純正レンズではなく、有名メーカーのマウントに合わせて使える互換性のあるレンズを製造するメーカーのことです。

タムロンとシグマが有名です。それぞれのメーカーが便利ズームをたくさんだしています。レンズもたくさんあるし、機能の違いもたくさんあるのですが、それは他のサイトにお任せします。価格.comとかアマゾンとかたくさんのブログで検索するとたくさんでてきますね。色々読んで迷っている時間が私は大好きです(ぬまー!)

色々と読んでいると、メーカーによりざっくりと傾向があるようです。タムロンはふわっとした写真が撮れて、価格はリーズナブル。シグマはカリっとした写真が撮れて、価格はすこし高め。また、Nikonユーザの観点でみると、ズームするときに回すリングの回転の向きが違いいます。タムロンはNikonと同じですが、シグマは逆です。シグマは純正に慣れているとズームしたいときに逆にまわしてびっくりすることがあるでしょう(笑)

 

機能の何がよくて何が悪いのか、デザインの好みはどれか、お財布はおいくらくらい許せるのか、考えるとあっという間に時間が経ってしまいますよね。

お前はどうしたんだ?と気になる方がいるかもしれませんので、結論から言いましょう。私はこれを買いました。

 

f:id:kamespurt:20170228005028j:plain

www.sigma-global.com

 

シグマの 18-200㎜ にしました!

私はシグマとタムロンでやっぱり悩みに悩んで決められなかったんですが、まず決めたのはデザインからでした。最近のシグマのレンズはかっこいい!Contemporaryシリーズという名前の付いたこのスタイルにやられました。ただ見た目だけで決めたというミーハーぶりです。タムロンの18-200㎜の形も好きなんですけどね。

 

焦点距離は200㎜で十分か?Safeco Fieldで検証

次に悩んだのは焦点距離です。せっかくレンズを買うなら遠くまで撮れるように 300㎜ が必要なんじゃないか?ということでした。そんなに何度も買えるような財力もないし、300㎜にしておけば200㎜も撮れるし、そうしたらキットレンズの 55-300㎜ は売ってもいいなと。ということで、カメラ屋へ出向き200㎜と300㎜を見比べてみたりしたんですが、お店の中だといまいちよくわからない。これ、どうしたもんかなと悩んだのでした。イメージしやすい作例とか見て判断するのがよいんでしょうね。当時かなり悩んだので、作例を出してみたいと思います。

 

ファミリーニコンと呼ばれるD5000系シリーズで撮りたいものといえば、やっぱりお子さんのイベントですよね。運動会とか発表会。距離でいうと運動会が気になりますよね。どれくらいズームできるのか。マリナーズの本拠地 Safeco Field で撮る機会があったので球場でのズームでみてみてください。

 

f:id:kamespurt:20170228015437j:plain

1塁側スタンドから 焦点距離 18㎜ 

 

肉眼に近い角度で撮れますね。ここから思い切りホームベースに寄ってみます。

 

 

f:id:kamespurt:20170228015557j:plain

青木宣親選手の打席 焦点距離 200㎜ 

 

青木選手の背番号も名前もはっきり読み取れますね。バッターボックスまでは7~80mはあるでしょうか。これくらい寄れます。

今度は球場の看板で比較してみましょう。外野スタンドのほうを撮った写真と看板のズームです。

 

f:id:kamespurt:20170228015810j:plain

Safeco Field 外野スタンド 焦点距離 18㎜ 

 

左のほうにある Safeco Field の看板にズームしてみます。

f:id:kamespurt:20170228015847j:plain

球場の SAFECO FIELD看板アップ 焦点距離 200㎜ 

 

看板が大きいこともあって、かなり寄って撮れますね。

 

最後は18㎜じゃなくて、もう少しズームした写真との比較です。

f:id:kamespurt:20170228020042j:plain

青木宣親選手1塁でリード中 焦点距離 90㎜ 

 

ここからズームします。

f:id:kamespurt:20170228020144j:plain

青木宣親選手 盗塁スタート 焦点距離 200㎜ 

 

これもかなり寄れますね。運動会を撮るなら表情を撮ることよりもお子さんの全身を撮ることのほうが多いと思うので、これくらいで十分なんじゃないでしょうか。実際に運動会でもこの18-200㎜ に加えて、キットレンズの55-300㎜を持っていきますが、会場では18-200㎜をつけっぱなしにしちゃっています。近い距離で撮ることも多いので、付け替えないで済むことがとてもメリットになるんですよね。運動会の会場のグランドは埃っぽいのでレンズを交換するのも気を使うので、交換せずに1本で済ませられるこのシグマ18-200㎜に任せてしまっています。

 

200㎜にしたことで得られる大きなメリット

200㎜でも結構撮れるじゃないか、というのが分かっていただけたかと思いますが、300㎜にせずに200㎜にしたことでもうひとつ大きなメリットがあります。それは、レンズがコンパクトなのでカメラ全体としてもとてもコンパクトになるということ。パパもママも子育て世代は荷物が多いし、子供の手をつないだりベビーカーを持ったり、とにかく手ぶらにしておきたいし、カメラもぶら下げておくと危ないのでカバンにしまいたくなります。でも一方ではすぐに取り出してスナップも撮りたい。身軽なままでいたいけれど、すぐに使いたい。これを叶えるには大きなカメラじゃダメなんですよね。D5500は小さいですし、シグマの18-200㎜も小さい。この組み合わせだと結構小さなバックに入れることができるんです。

 

f:id:kamespurt:20170228021825j:plain

コールマンのウエストポーチとiPhone 6s 

 サイズ比較のためにiPhoneもおいてみました。財布と携帯と鍵を入れておくくらいのウエストポーチです。小さめのサイズです。

 

 

f:id:kamespurt:20170228022007j:plain

D5500 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 

このセットならレンズにフードを付けた状態でもコンパクトなので、小さいポーチにもすっぽり入ります。

 

 

f:id:kamespurt:20170228022233j:plain

D5500 + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM ポーチイン!

 

D5500をポーチに入れてもまだ余裕があるので、この中に財布も入れて持ち歩けます。これなら普段持ち歩いて子供たちのスナップをすぐに撮れますよね。小さいということがファミリー向けというのがこういうところで実感できるのでした。

 

 

ということで、パパやママが最初のデジイチとして購入したD5500に追加する便利ズームは、200㎜がベストだと思う!という記事でした。

 

P.S. 青木選手は今年はヒューストン・アストロズなんですね。WBCにも出場してくれるみたいなので、活躍を期待しています!

 

おしまい

 

パパママ向け D5500 ダブルズームレンズキットは必要なのか いまさらレビュー

D5500 ダブルズームレンズキットのキットレンズについて

Nikon D5500 ダブルズームレンズキットにご興味のある皆様、こんばんは。

D5500に限らず、ダブルズームレンズキットは一眼初心者のパパ・ママに向けてコストパフォーマンスが高いキットですよね。2本のズームレンズがセットになっています。

 

・標準ズームレンズ

f:id:kamespurt:20170225201016j:plain

 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 

 

・望遠ズームレンズ

f:id:kamespurt:20170225201027j:plain

 AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR(めいっぱいズームしてレンズが一番伸びた姿)

 

18~55㎜は普段のスナップ写真を撮るのに適したレンズ。これは1本必須です。D5500に付属する標準レンズはとても写りがよいうえに、沈胴型という機構を持っているので、撮影しないときはレンズの全長が短くなってカメラ全体がとてもコンパクトになります。

f:id:kamespurt:20170225200917j:plain

18~55㎜ をD5500に装着。カリッと撮れるしフードはかっこいいし、お気に入りのレンズです。

 

さて、もう1本のほうの55~300㎜は遠くを撮れる望遠レンズ。これはパパ・ママは運動会や発表会などのイベントで利用したいので、やっぱり欲しくなります。

また、このキットレンズは性能はそこそこに、キットの価格がとても安いので、2本付きだととてもコスパがよいわけです。

 

いろんなブログやらレビューやらを読むと、コスパについての評価は高いんだけど、望遠レンズのほうはキットレンズということもあって、意外と評価が低いようです。

実際に使ってみて、何が困るのか?ということですが、機能的には、

1.オートフォーカス(AF)が遅い

2.F値が物足りない(F4.5~5.6)

の2点が多いようです。

 

運動会だと屋外なので明るいところで撮れるものの、パパ・ママは動いている子供の写真を撮りたいわけで、望遠したうえでピントをピピっと合わせて撮りたいところ。しかし、動いているものをマニュアルでピントを合わせるのは至難の技なので、AFに任せて撮るしかないのだが、これがもっさりしていて、撮りたいときにビタっと合わせられないことがあるわけです。

さて、もうひとつよくあるシーンで、屋内の発表会というのがあります。体育館内とかホールの中は照明があってもとても暗いものです。暗いとシャッタースピードを長くして光をたくさん取り込みたくなりますが、発表会だったりすると子供がよく動くので、ブレブレの写真を大量に撮ってしまったりします。ISOやらシャッタースピードやら設定をあわせてなんとか撮ることになりますが、やはりレンズのF値の小さな明るいレンズのほうが有利になります。

機能的には望遠ズームレンズ 55~300㎜ のほうがいまいちパパママの使いたいシーンにあってないのかな?ということになりそうです。そもそも写真を撮り始めるとわかりますが、屋内での発表会というのは暗いし、照明も色も変わるし、被写体は動くし、とても撮影するには難しい環境だということが分かってくるわけです。。

 

付け替えがめんどくさい!

さて、そんな撮りたいシーンとレンズの機能のミスマッチという点の他にももう1点あります。私はこれが一番困ったというか不便に感じるところです。

そもそもレンズを付け替えるのがめんどくさい!

昔からカメラを趣味にされていた方ならいざ知らず、私は 一眼こそ持っていたものの、宝の持ち腐れ状態を続けており、コンデジのような使い方に終始してました。もはや iPhone のカメラだけでいいのでは?というような状況。しかもかなりのめんどくさがり屋という不肖な性格。いちいち付け替えるのが面倒なわけです。また、使ってみるとわかりますが、55㎜を境に2本のレンズがわかれるわけですが、55㎜以上を撮りたくなるシーンは結構あります。

コンデジのように使いたいのに、もう少し望遠が欲しい、でも55~300㎜は大きくて気軽には持ち歩けない。。

こんなジレンマに陥るので、意外に評価が悪いのだと思うんです。

 

それでもやっぱり ダブルズームレンズキットから始めるといいですよ

disりっぱなしになってしまいました。ダブルズームレンズの望遠レンズは要らないのでは?という主張。よくわかります。しかし、私はそれでも初めての方にはダブルズームレンズキットをお勧めしたい理由があります。その理由は、

 

キットレンズ以外の望遠レンズはたくさんあって、めちゃくちゃ迷う!

 

ということです。しかも、いいな!と思うレンズは、

 

高い!!!!!

 

ちょっと検索してみるとわかりますが、レンズだけでウン十万円というのはざらにあるんですね。そんなにしなくても数万~10万程度。これは気軽に試してみようという金額ではありませんね。

初めて使う方は特に〇〇㎜のレンズと言われても、それがどれくらいのズームなのかピンとこないと思います。また、それがイメージできたとしても、自分が実際に撮る写真は〇〇㎜が多いのか?というのは実は撮ってみるのが一番わかりやすいのです。

 

実際に私は望遠ズームを選ぶのに、200㎜でよいのか300㎜必要なのかは調べてみるだけではまったくわかりませんでした。なので、それを気軽に試せるダブルズームレンズキットはとても貴重です。コストはほんとうに安いですし、ちゃんと設定すればちゃんと撮れるわけです。ということで、この先に待ち構える広大なレンズ沼(多様なレンズをみてどれもこれも欲しくなるというレンズほしいほしい症のこと)に入る前に、自分がどれがほんとうに必要なのかを測るためのメジャーとしてダブルズームレンズキットを活用されることをオススメします!

 

ちなみに、Nikon D5500 の後継機である D5600 のレンズはAFがとても早くなったとか!!そうなんですか?!それは欲しくなるじゃないですかー!!(←レンズ沼の住人より)

 

 

Panasonic マグニファイヤーアイカップ VYC0973 買ってみた

お久しぶりです。亀スパートです。

久しぶりにブログを書くので、気軽に書けそうなお買い物ネタで。

 

Panasonic マグニファイヤーアイカップ VYC0973 というのを買ってみた。一眼レフには初心者向けからプロ仕様まで幅広いラインナップがあるけど、初心者向けのカメラは実際に撮影したときに写るよりも狭い範囲しか見えないんだそうだ。

 

koshitatu.com

 

ファインダーの視野率をD7200とD5500で比較しているコシタツさんのブログによると、違いがでるのはファインダーの方式によるのだそうだ。D5500が採用しているのはペンタミラー方式で価格が安価なのだけれども視野率は95%程度にとどまる。一方でD7200などの上級機種ではペンタプリズム方式という高価だけど100%の視野率が確保できるものが搭載されている。

 

さて、近頃ブログの記事の作成は進まないけど、加齢によるおっさん化は着実に進んでいる。おっさん化は目にくるとよく聞いていたけど、確かに目が疲れやすくなってきた。一眼レフもしっかりみないとピンとがあっているかわからないことが起きつつあった。これじゃ写真ライフをぜんぜん楽しめないじゃないか!ということで調べて出会ったのがこのマグニファイヤーアイカップだった。

 

f:id:kamespurt:20170208015011j:plain

 

調べると視角を広げてくれるらしく、いくつかAmazonの中で調べた結果、この製品にしたのだった。

 

 

届いたら早速Nikon D5500につけてみたところ、ややきつい!ぎゅーぎゅー!と押し込んではめ込んでみると、すこし液晶のほうにはみ出てしまうようで、液晶と干渉してしまう。すこし調整して液晶があたらないよう、上に少しだけずりあげておいた。

なんとかD5500に収まったかなと思ったが、実際に写真を撮ってみるともうひとつ困ったことがあって、ファインダーの少し上のところにあるアイセンサーが動かないようだ。アイセンターはファインダーをのぞきこんだときに顔の距離を測っていて、ファインダーを覗き込むと液晶をオフにしてくれる便利機能を提供している。しかしこのマグニファイヤーを付けると液晶が消えたまま。。完全に干渉してしまう。

 

しかたないので、D5500に装着するのはあきらめて、試しにD40につけてみたところ、これがぴったり!なんとこのために買ってきたんじゃなかったのかというくらいにぴったりだった。いまは我が家の中での稼働率が下がったD40だけど、見えやすくなったので、もっと使ってみようと心に決めたのだった。

 

おしまい。

 

パパがデジイチを選ぶときに考えること 予算編

日本のパパがカメラ欲しくなったらいくら使えるの?

共働き世帯が増えて家事も育児も平等に負担する時代となり、パパもママも役割の平等化が進んでいるようだ。でもママにしかできないことはたくさんある。たとえば出産。さすがにママにしかできないのだ。パパはそのときママの横で応援することしかできない。授乳。これはミルクで代替できるものの、あげてみたいと思ったパパは意外と多い。そんな固有の役割の少ないパパだけど、産まれくる子どもを写真に収める役割は健在のようだ。出産の主役のママと赤ちゃん。その後の成長をカメラで撮って残すのは必然的にパパになるのだろう。でもこれは日本のパパの伝統的な役割だ。

パパがカメラを買いたくなったら、まずはじめに何を考えないといけないのだろうか。
カメラの機能、スタイル、メーカーのブランド力、利用シーン、撮りたい対象を考えて最高で最適なカメラを選択する!とやりたいところなんだが、先立つものはなにより予算だ。最高な機能のカメラに最高のレンズをくっけたカメラをさらりと購入できる財力があれば悩みは違うところにあるだろう。普通のサラリーマンがパパになって、カメラを欲しくなったとき、そんなひとの予算てどれくらいになるのか、調べてみた。

 

サラリーマンの平均年収をチェック

まずは年収をチェック。サラリーマンの年収は国税庁が毎年統計を発表している。さすが天引き分を集めているだけある。

 

国税庁 平成26年度分 民間給与実態統計調査 調査結果報告 

https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2014/pdf/000.pdf

〔年齢階層別の平均給与〕 P.21

 

民間給与実態統計調査(性別・年齢別)
年齢
男性(万円)
女性(万円)
70歳以上
359
204
65~69歳
389
201
60~64歳
477
227
55~59歳
632
270
50~54歳
656
291
45~49歳
629
290
40~44歳
564
290
35~39歳
502
293
30~34歳
446
301
25~29歳
378
297
20~24歳
265
231
19歳以下
157
104
平均
514
272
男女計平均
415
 

熊本大地震が早く治まりますように

熊本大地震が早く治まりますように

こんばんは。亀スパートです。

熊本でひどい地震が続いており、大変心配しています。地震の多い地域とは聞いていましたが、震度6強や7の地震があれほど立て続けに起こってしまうものなのかとびっくりすると同時に東日本大震災のときの恐怖や無力感を思い出しました。熊本のみなさんに何ができるわけでもなくただほそぼそと寄付などしてみたりするばかりですが、震災の影響を受けている皆様のご無事となるべく早く落ち着くことを祈っております。

 

 

交換してもらったSDカードでエラー発生

Transcend の SDカード x600 64GB でエラー再発

Nikon D5500 購入とほぼ同時期に購入したSDカードだが、しばらく使っているとエラーが表示されて使えなくなるトラブルがあった。サポートに問い合わせたところ、サポートセンターで確認ということになり、送付してみたところ、新品(恐らく)を送付してくれたのだった。詳しくはこちら↓
 
新しくなったSDカードを使って快調に写真を撮っていたのだが、とうとう今日、例のエラーが再発してしまった。

iPhone よりデジイチがすごいとこ ラーメンを美味しく撮れる編

デジイチはスマホカメラと比べて何がすごいのか

 

スマホのカメラってきれいに撮れるし便利なのになんでわざわざデジイチを使うのか?と言われたときに答えになるネタを考えるシリーズ。前回はボケ編として花を撮ってみた。

 

blog.kamespurt.com

 

さて、今回はラーメン。なぜラーメンなのかといえば、ただ単純に好きだから。

美味しいなと思ったラーメンはスマホで写真を撮って Instagram に投稿する。そんなひと多いけど、私もそのひとり。Instagram は便利でタグも場所も記録できる。しかもきれいなエフェクトもかけられる。これで十分なんじゃないの?と思うこともあるけれど、やっぱりデジイチで撮ったらもっと美味しそうにとれるんじゃないかと思い、いつもの Nikon D5500 をラーメン屋に持っていくことにした。

 

京都の 「新福菜館本店」の黒いラーメンを撮る!

さて、どうせ撮るならおいしいラーメンということで、京都に行く機会があったのでこちらのお店を選択。

f:id:kamespurt:20160415230153j:plain

 

続きを読む